FC2ブログ

プロフィール

WrapPcschool

Author:WrapPcschool
Wrapパソコン教室のBlogです。
パソコンのことより、遊びにグルメの記事ばかりかも(-_-;)
「拍手」で励みになりますのでよろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

photo

スポンサーリンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

猿ヶ京温泉

2020/03/15 47回目の誕生日に猿ヶ京温泉へ行ってきました。
土曜日はあいにくの雨。

20200314_164151.jpg

しかし日曜日天気予報は雪マークだったのに。
見事な晴天でした。

20200315_095700.jpg

青天の中、まず向かうは少林山達磨寺。
なぜかっていうと。。。
先日、横山秀夫の『ノースライト』を読みました。

20200316_132322.jpg

小説の中に「ブルーノ・タウト」というドイツ人の建築家が登場します。
初めて知ったタウト氏という建築家。本の中に出てくる、タウト氏が建築した旧日向別邸が熱海にあるので、
早速行こうと調べたら、なんと、ただ今工事中。出来上がるのは令和4年あと2年もあるのだ。
そのころには忘れちゃうかな?
でも、群馬の少林山達磨寺にはタウト氏が住んでいたという洗心邸があると言うので、向かってみました。
駐車場からこの階段。けっこうしんどかったよ。

20200315_120645.jpg

そしたらですよ。
な。なんと!!

IMG_2685.jpg
IMG_2684.jpg

タウト氏が作成した椅子の復刻版があるではないですか!
そう。あの椅子です。(ノースライト読んでくださいね)
触らせていただくと・・・。
なんともやわらかく優しい触感。
ちょっと、色は何だけど。。。(笑)
住職さんにお願いして、写真だけ撮らせていただきました。
ちょっと欲しかったけど。
さすがに12万5千円は払えないので。写真だけ。
思いがけない出会いにしばし感激。
(ってついこの間まで全く知らなかったくせにね)

IMG_2694.jpg
IMG_2693.jpg

↑これは住んでいた洗心邸

さて、そこから向かうは「冠稲荷神社」
日本七稲荷のひとつらしい。大きな鳥居をくぐります。

20200315_135024.jpg
20200315_135219.jpg

ボケの花が満開でした。
そして最後に行ったのは雷電神社

「ふ と現れて助けてくれる」 雷電童 (笑)

IMG_2711.jpg

ちょっとかわいい♪
さらに、
雷電神社には 「ナマズさま」がおられます。

IMG_2713.jpg

そして。
神社目の前のお店でナマズ料理が食べられます。
持ち帰りも可!
ナマズのてんぷらと
ナマズのたたきあげ
ちょっと癖があるナマズのてんぷらと
たたき揚げとは骨とか皮とかをたたいて野菜と混ぜて揚げたもので
もっちりとした食感です。
IMG_2719.jpg
IMG_2720.jpg

これで、¥1,000しないのですから!
安すぎます。

是非、ナマズを拝んで ナマズを食してみてください!!



湯西川温泉

今年は本当に暖冬ですよね。
雪山にも雪がないんですもの。
でもさ。
1年に1回くらい「雪」見たくないですか?
いつもなら北海道辺りまで行くのですが・・・。
そう。今世界中で困っている病原菌「コロナウイルス」
やっぱり、うつりたくはないですもの。
不特定多数の人が集合する飛行場・新幹線などは避けて通っちゃいますよね。
なので、ドライブ・・・・。
11月に行った怪しげな湯西川温泉の宿の貸切露天風呂何回入ってもOK券があるじゃないか!
最後の1部屋が空いてるし、栃木復興チケットなんと1万円ももれなくついてくる。
こりゃ行くっきゃないでしょ。

途中お豆腐工場で「豆腐コロッケ」なるものを食べ。

20200223_122942.jpg

着いた~。揚羽。ちょっこし雪あるよ!

IMG_2556.jpg

チェックインまでまだあるから、散歩しましょう!おなかすいたし。
そこで見つけた「湯豆腐」のお店。

20200223_141416.jpg

ぽかぽかになったところで。冬の湯西川と言えば「かまくら祭り」。会場平家の里に行ってみることに。
しかし!!!雪な~~~い!!
かまくらほとんど形になってないよ。。。

IMG_2561.jpg

「祇園精舎の鐘の声・・・諸行無常の響きあり・・・」これ平家物語の始まりなのですね。
中学時代に覚えたっけかな。
さて、チェックインの時間となりました。
相変わらず、すごいセンスのお宿です。

IMG_2564.jpg20200223_171251.jpg20200223_181341.jpg

↑これ。トイレの中よ(笑)

かろうじて、雪はちらほらと降っていたので。
雪見風呂となりました♪

IMG_2567.jpg20200223_165640.jpg

かまくら祭りメイン会場へは、夕ご飯後に宿からバスで送り迎えしてくれるというのだが。
平家の里でちょっこしのかまくら見ただけに・・・。
温泉後また着替えていくのも面倒くさくなっちゃって。やめちゃった。
えも、やっぱり気にはなるので、次の朝ちょっと寄ってみた。

IMG_2571.jpg

かろうじて、おおきいかまくら2個だけ。
でも、そのうちの1個は天井に大きな穴が・・・・。
雨で溶けちゃったみたい。
地元お祭りの係の人たちが一生懸命整備しておりました。
でも、自然相手だから。やっぱり難しいよね。

そして、もう1軒。帰りに寄ったのは「岩下の新生姜ミュージアム」

IMG_2583.jpg
IMG_2573.jpg

写真映えする箇所が盛りだくさんで、楽しかったよ。

お土産に新生姜お得パックを購入。
天ぷらと肉巻きにしていただきました!!


ここの温泉は本当にとっても良い!ので、また来ますね。



別所温泉 かわせみの宿

前回もお世話になりました。
「カワセミの宿」へ。
信州の鎌倉と呼ばれている「塩田平」に行ってきました。

「龍光院」
20200202_103459.jpg

「前山寺」
20200202_105003.jpg

この前山寺三重塔は「未完成の完成」と言う名高い塔なんですって。
1階には扉も窓もあるのに、2・3回にはなかったり
2・3階の柱に「長押~なげし~」をつける切込みは入ってるけど、長押がない!
などなど・・・・・。
でも、未完成だからこそ、すっきりしていてよい!という人が多いので「未完成の管制塔」と言う名がついたんです。

下の写真かやぶき屋根の真ん中焼き印ぽく「本」ってあるんだけど。
どうやって入れたんだろう??

20200202_105308.jpg

そして、見つけたすごく良い言葉。読める?

20200202_105720.jpg強調文>

かけた情は水に流せ
受けた恩は石に刻め



ちょっと。ジ~~ンと感じた瞬間でした。
本当にそのとおり!!





2019年の終わりと2020年の始まり 京都~滋賀

2019年末 京都に行きました。
まだ行ったことがなかった「平等院鳳凰堂」へ
(修学旅行の時行ったけかな?)

20191231_143801.jpgIMG_2480.jpg

平安時代後期に、時の関白藤原頼通のよって建立された阿弥陀堂です。
真ん中にある、鳳凰堂には本尊阿弥陀如来坐像が鎮座しておられます。
また、左右のうえ壁には「雲中供養菩薩像」と言う、52躯の菩薩像が懸け並べられています。
で、ですよ。
そのお姿を拝見するには・・・
なんと、約2時間待ち。。。。。
でもねぇ。
せっかく来たんですから、お顔を拝見しなくては・・・。
と言うわけで、ちょっと散歩してきます。
宇治上神社へ
この神社は「うさぎ」と縁がとってもあるらしい。
なので、手水舎もうさぎさん!

IMG_2477.jpg

元日の朝。
まったく行く気はなかったのですが、大みそかのTV番組で2020年の元日は三十三間堂が良い!と耳に入ってきた。今私たちはそこにいる?
そうよ。京都。なら行かないという選択はない!

20200101_093656.jpg

何度見ても素晴らしい千首観音像ですよね~~~。

20200101_095706.jpg

そしてその後は、京都何度か来てるけど。何で行ってなかったんだろう?「豊臣秀吉ゆかりの豊国神社」そして「国家安康の鐘でのある方広寺」そう、そこに刻まれた「国家安康」「君臣豊楽」という文言に徳川家康がいちゃもんをつけ、大坂冬の陣へと発展したことで有名な鐘です。

20200101_095938.jpg

思っていた以上に大きかった!こりゃ争いになるわな!ってなくらいでかかった。

20200101_104419.jpg

人込みは行きたくなかったから、お正月の初もうででごった返すような場所は避け・・・
西本願寺 立派な龍の手水舎です。

20200101_143200.jpg

そして、二条城に行こうとしたんだけど。
バスに乗れない!乗客まんぱん!2台待ったけど乗れない!
なので、あきらめました。歩いて行けるもん!
困ったときの東寺。
お正月だからなのか、5重の塔の中を拝観できました。

IMG_2491.jpg

これからどっか行くのもなぁ・・・。
と。京都駅の屋上庭園をブラブラ。
これがなかなかのいい眺め!

本当は帰るはずだったの。でももうちょっとだけ。お正月気分を味わいたくて・・・・。
寄ってしまった「伊東」にある旅館「山岸園」さん。
新幹線の時間もあるので、チェックインがかなり遅くなるというのにも快く承諾してくださり、かつ、駅までお迎えにも来ていただきました。

20200103_092823.jpg

さらには、チェックインが遅くなったため、なんと「部屋食」にしてくださりました。見よ!このボリュームたっぷりすぎるお料理の数々を!

line_225695743177123.jpg

刺し盛り・金目の煮つけ・あわびにさざえ・・・。
フフフ。めっちゃおいしかったです。
温泉も最高!!

2020年とっても良いスタートでした♪



湯西川温泉 揚羽

急きょ、湯西川温泉へ。
そこで取った宿が、「揚羽」という。。。。
取っても変わっている宿でした。
アド街ック天国でも紹介されたんだって。

まぁ。着いてみてびっくり。

20191109_195122.jpg

阿吽の仁王尊造がお出迎え

20191110_084054.jpg

そして、入り口には天狗が3体

20191109_195159.jpg

自動ドアが開いたその先も、この怪しげなことったら!

20191110_084059.jpg20191109_195324.jpg

さらには、廊下にはものすごい数の和ダンスやら・・・・

20191109_195409.jpg

ただ。
貸切露天風呂代 たしか・・・¥3,500ほど
を支払うと、7つの貸切露天風呂が入り放題!
その内の一番怪しげな龍のお風呂がコチラ。

20191109_181944.jpg

そして、1回この貸切露天風呂券を購入すると、
なんと、次回から宿泊の際には無料で貸切露天風呂が入れるのです。

慣れてしまうと、怪しいが面白い!に変わります(笑)

20191109_191639.jpg

夜ご飯も、おばんざい形式で。。
湯葉がとってもおいしかった♪

なんだか。癖になるお宿です。
是非一度ご賞味あれ!!


 ホーム  »  次のページ